「数学月間の会」へようこそ!
Welcome to Maths Awareness Month Organizing Committee of Japan !

The period of July 22nd to August 22nd was set as "Maths Awareness Month of Japan"
by the Mathematical Association of Japan
(MAJ) in 2005.
Maths Awareness Month of Japan is run on a voluntary basis.
"Journal of Mathematical Culture (JMC)" is the organ of MAJ and is published half-yearly.
These dates are derived from two mathematical constants:
Archimedes' constant pi(22/7=3.14) and Napier's constant / Euler's number e(22/8=2.7).
During this period we support various events for raising the awareness of maths
 throughout the country.
7月22日--8月22日は数学月間(since2005)
日本数学協会は,2005年に,7月22日ー8月22日を数学月間と定めました.
この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..) に因んでいます.
この期間に,数学への関心を高めるイベントが各地で開催されるよう応援しています.

数学と社会の架け橋=数学月間     Maths for all !
日本数学協会(MAJ), 数学月間の会(SGK)  
 

日誌

新規日誌1
12
2017/05/28

国立情報学研オープンハウス

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
国立情報学研オープンハウスは,6月9日,10日です.
http://www.nii.ac.jp/openhouse/

15:10 | コメント(0)
2016/05/14

SGK通信(2016-03)高校生の数学意識

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
「高校生に対する数学への意識調査」結果の紹介(本村修二)

文部科学省のサイト内の下記の個所に、
http://www.mext.go.jp/a_menu/math/index.htm
「数学・数理科学を活用した異分野融合研究の動向調査」報告書が、掲載されています。 この中の分冊(第4〜5章)に、「高校生に対する数学への意識調査」という節があり、スーパーサイエンスハイスクール指定高校の生徒への質問紙調査の結果が書かれています。 その中の興味深い結果を、いくつか紹介します。

1) 数学に関心がある生徒が、数学に興味を持つようになったきっかけは、
   上位から順に「塾の先生」、「学校の先生」、「本、雑誌」、「友人」、「両親」の5つで、「塾の先生」が突出して高い。
   このことからして、「高校生においては、対人的な影響が数学に興味を持つきっかけと して重要であることが伺える」とのことです。
2〉 文系志望の学生においても、数学が特に敬遠されているわけでない。
3〉 高校生の数学学習意欲を高めるためには、次の2点が重要。
  ・塾や学校の教員が、生徒に対して積極的に働きかけることによって、
   数学に対する生徒の興味関心を喚起すること。(内発的動機づけ)
  ・数学の有用性を示す具体例を豊富に生徒に提示して、
   数学が「社会にとって役に立つ」だけでなく、
   「あなた自身にとっても役に立つ」ことを示すこと。(外発的動機づけ)

詳しくは、上記報告書をご覧ください。また、分冊(第7章、参考)の「第5章の調査結 果概要」節にも、上記調査の概要が記されています。

05:32 | コメント(0)
2016/05/10

投稿論説・数学教育数学月間

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
論説2件の投稿があります.pdfファイルをクリックしてご覧ください.

片瀬さん・尾木さんが作成した検索ソフトを活用して,

「日常生活に役立つ数学の題材」を使いこなそう

SGK流・数学は役に立つ.pdf   片瀬 豊・尾木 純


数学が役に立つ(社会にとっても・自己にとっても)ということに

異論を唱える人はいないでしょう.問題はしからばどうするかということ

SGK流・効果的な数学教育方式.pdf   片瀬 豊

片瀬さんの論説は,

A(連携研究),B(社会諸分野のイノベーション),C(教育の基礎)

という3つの着眼点をあげています.数学月間は,

ただの講演会ではなく,いろいろなことをしたいものです.

ご意見をお寄せください.

23:42 | コメント(0)
2016/05/10

数学月間懇話会(第12回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
数学月間懇話会(第12回)のお知らせ

■日時:7月22日,14:00?17;00
■場所:東大駒場キャンバス,数理科学研究科・002号教室
1.数学者って,どんな顔をしてる?
  亀井哲治郎・河野裕昭(亀書房・写真家)
2.世論調査は正しいか
  松原望(東京大学名誉教授,聖学院大学)
3.がん登録の可能性
  田渕 健(都立駒込病院・東京都がん登録室)

■参加費無料.
17:30より構内カフェテリアにて懇親会(各自払い)
■問い合わせ先:sgktani@gmail.com(日本数学協会,数学月間の会)
皆さんのご参加をお待ちします.


始めの話題は,JIR(ジャーナリスト・イン・レジデンス)という活動の紹介です.
編集者の亀井さんは,写真家の河野さんと組んで,数学者へのインタビューと写真撮影を続けて,すでに150人を超える人たちを取材しました.
次の2つの話題は統計学です..
世の中は不確かなものやことばかりで確率で記述されます.確率の正しい理解が必要です.
従来,得られなかったようなデータも多量に収集できる時代になりました.
でも,データ収集が恣意的であったり,不合理な解析をしたりすると
どんな結論でも導くことができるので,だまされないよう要注意です.
19:58 | コメント(0) | 連絡事項
2015/05/30

講演会お知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
日本数学協会・第14回総会および講演会のお知らせ
日時: 2015年 6月7日,
場所: 東京大学数理科学研究棟(駒場キャンバス)
11:30?12:30 総会
----------------------------------------
13:30?15:40 講演会
13:30?14:30
「十年目の数学月間,これまでとこれから」,
               片瀬豊・谷克彦(SGK)
14:40?15:40
「視覚と錯視の数学からアート,そして画像処理」,
               新井仁之(東京大学)
講演会にどうぞふるってご参加ください.
協会員は無料ですが,協会員外は参加費2千円かかります. 
-----------------------------------------
私の話そうとしていること:
数学月間は,数学から社会を見ると同時に,社会からの要請を数学側が知る機会でもあります.国内外の数学月間テーマのトレンドを見ると,ビッグデータや統計学,複雑系や非線形,モデリングやシミュレーションの話題です.これらはすべてコンピュータを駆使した数値計算によって可能になった分野です.これまでの数学とは違う新しい数学分野が生まれているところと言えるかもしれません.1900年ポアンカレは,独立な因果列からなる可積分の方程式はごくわずかで,大部分の方程式は非可積分(干渉し合う因果列)であると警鐘をならしました.明日の一つの出来事には,今日の全ての出来事の影響が反映される世界です.遠方の地で過去に起きた蝶の羽ばたきが,この地の明日の大風を引き起こす要因の一つになり得る「バタフライ・エフェクト」の世界です.ちょっとした初期パラメータの違いでカオスが起きるかもしれません.これらは方程式を積分して関数で書き表すことは不可能ですが,コンピュータを用いた数値計算で現象の追跡ができます.モデリングとシミュレーションにより現実の現象を理解する「現象数理科学」がさまざまな分野で発展しています.
22:54 | コメント(0)
2015/05/30

数学月間とボランティア

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
■毎年,7月22日--8月22日は数学月間です.この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..)に因みます.数学月間を日本数学協会が定めてから今年で十年になります.数学月間の会(SGK)は,この期間に,数学への共感を高める活動が各地で盛んになるよう応援してきました.SGKはボランティア・ベースの活動なので,地味であまり知られていないかもしれません.SGKは会費も規約もありませんので,ぜひ皆様のご参加ご協力をお願いいたします.例えば,それぞれの地元で「楽しい数学のイベント」をやりませんか.「SGK通信に寄稿」などは如何ですか.あるいは,我々が手本にしている数学月間の先進国のwebにある色々な「エッセイの翻訳」に協力いただけませんか.さまざまなご提案やご意見,情報など何でもSGK世話人sgktani@gmail.comにご連絡ください.
(注)海外の数学月間情報は,(米国)Maths Awareness Month, (英国)Millennium Maths Project, (仏国)数学週間 などのwebサイトにあります.

■日本のこの種のボランティア活動精神はまだまだです.オープンソースのプログラムなどの開発でも,意識の高い個人レベルの活動に頼っています.皆の役に立つことでも,自分は手を出さずに他人がやるのを待つという傾向があります.公益的でなく利己的です.数学月間の活動は,ボランティアですので,自分の本を売るためとか自己宣伝のためではお断りしています.予算もありません.私たちは,毎年,月間初日の7月22日に数学月間懇話会を開催して,この10年間に30件ほどの講演を企画しました.これら無償の啓蒙活動は,自発的にご協力頂けたものです. 
「数学は国力を高める」とか「数学の仕事は年収が高い」とか,その功利的な面を強調することが,外国や日本でも流行っています.これも数学への注目を集める切り口の一つなので,あえて反対はしませんが,本当はこのような話題は私は大嫌いです.
文科省は,2006年5月のシンポジウム「礎の学問:数学」で,数学研究と諸科学・産業技術との連携の重要性を打ち出しました.その狙いは,先端数学研究と産業界の連携拠点づくりにあります.このような大きな予算措置もあり成果の期待できるプロジェクトは活性化しています.これは純粋な数学ではないと感じる数学者も多いことでしょう.確かに弊害もありますが,一方,数学者側が,数学への社会の課題を理解し,その課題の数学的命題化に力を貸すことも大切です.複雑な現実から数学の命題を抽出することが一番難しい所で,抽象化された数学研究だけでなく,数学者はこの段階にも積極的に関与すべきだと思います.ニュートンが力学研究に必要な数学的手段「微積分」を開発したり,オイラーが変分法を開発したり,かつては,数学者と科学者は一体でありました.ピタゴラスの時代から,数学の源泉は自然や工学にあったのです.数学者は抽象化された数学研究の細道に入り込むばかりではなく,このような未分化の源泉にも立ち戻るべきだと思います.連携研究の成果が,国力を高めるとか産業を強化するとかに直結することはあり得るわけですが,その精神が本末転倒にならぬよう注意が必要です.
連携研究のレベルは,既存の数学を適用するだけ,あるいはコンピュータによる計算という枠内のもの(数学が適用できるニーズ)も多いですが,異分野(社会,医学,諸科学,産業な ど)の課題には,新しい数学が生れる可能性(シーズ)も大いにあります.

■我々SGKは,「社会を支える数学」という視点から,数学の啓蒙・普及を狙っているのですが,一般への啓蒙活動は,成果が不明確なため放置される傾向にあります.自分の成果を追い求め研究をしている学者は,そのようなボランティアに手を出す余裕はありません.また,数学者は数学自体をその周辺(数学が応用される諸科学・工学,社会)から見る必要性を感じていません.
しかし,無償で成果も可視化できない数学月間活動のような,地道な一般への啓蒙活動が,数学への共感者を増加させるのに必要です.数学月間は受験の数学とも異なります.当然,数学月間は数学者のためのものではありません.私たちSGKは,数学を使う科学や工学者の視点や,一般市民の視点から数学を眺めます.専門家でない一般市民や生徒の皆さん,数学のその面白さを共に味わおうではありませんか.一般の数学愛好者の方々,意見交換にご参加ください.
22:53 | コメント(0)
2015/05/22

数学と社会

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
http://globe.asahi.com/feature/100201/memo/01.html
Asahi グローブより

数学と社会/「数学力」が国力を左右


「数学が戦争に勝たせた。数学者が日本軍の暗号を解き、原子爆弾を作った。君らもその数学者だ。アメリカの未来は、君らの手の中にある」。映画「ビューティフル・マインド」の一幕。第2次世界大戦直後、数学者の卵たちを前に、大学教授が語った言葉だ。

国家と数学の密かなかかわり。そして、数学が新分野を切り開き、「産業の核」になるのではないか。ここ数年、産業界は「数学の実用化」への期待感を、にわかに高めている。

経済協力開発機構(OECD)は2007年、ワークショップ「産業における数学」を初めて開いた。翌年にまとめた報告書では、産業界が直面している問題の多くに数学的要素が含まれている、と指摘。数学と産業が協力することが双方の利益になり、国家経済にもメリットがあると強調している。

米国でも06年、ブッシュ大統領(当時)が、国際競争力の強化策として、数学教育の向上を一般教書演説で打ち上げた。これは98年に「米国での数学研究が欧州に後れを取っている」と危機感をあらわにした全米研究会議の報告書が出たのがきっかけだ。

ドイツでは08年、ダイムラーやルフトハンザなど様々な分野の企業トップらが数学の有用性を語った『数学が経済を動かす』(邦訳はシュプリンガー・ジャパン)という本を出版。前書きで、教育・研究相は「数学は私たちの日常生活にどれだけ浸透しているか。数学によって、現在住む世界をよりよく理解できる」と熱っぽく語る。

同じく数学の「先進国」であるフランスの高等科学研究所も09年、「産業と数学」に関するシンポジウムを開いた。
13:33 | コメント(0)
2015/04/23

書評:美しい幾何学(丸善)

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
美しい幾何学, 丸善
高木隆司監訳
Eli Maor and Eugen Jost
 
ルネサンスの時代は,数学とアートの活動は協力して行われ,心の中で補い合うものと考えられていた(イーリーによるまえがきより).
オイゲンの数学的アートと数学者(数学史)イーリーの協同でできた本書は珍しい数学の本です.説明には微積分などは出てきません.子供から大人まで数学アートを鑑賞しながら読み進むことができます.テーマは系統的な幾何学とは異なります.初級の幾何学もあれば無限級数などもあります.さらに意外なテーマが現れたり変化に富みます.
取り上げられたいくつかのテーマを見てみましょう.例えば,シュタイナーの円鎖.これはアルベロスとかインドラの真珠などと呼ばれることもあります.円の中に互いに接する円を詰め込んだ美しい図形で,円による反転操作もあります.この図形は和算の算額にも登場しますが,それにも言及しているのは著者の専門が数学史だからでもあり,本書の構成にもそれが現れています.本書の前半は,ピタゴラスから始まり,素数,無限級数の収束,ユークリッドの作図などのテーマが現れます.さらに続くのは,円周率,積み木による調和級数,自然対数の底,らせんや種々の曲線などです.これらの説明も,数学アートの図が活きていて面白い本です.本書の後半には,スノーフレーク曲線,シェルペンスキーの三角形などのフラクタル図形の特徴も,美しく理解しやすい図による記述があります.
21:29 | コメント(0)
2015/04/19

講演会:数学は世界を変えられるか?の参加報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
数学は世界を変えられるか?--「忘れられた科学--数学」から10年
          数学イノベーションの現状と未来


日時 2015/04/16,15:00-17:00
場所 文科省 13F1,2,3会議室
主催 文科省,科学技術・学術政策研究所,
研究振興局基礎研究振興課数学イノベーションユニット

プログラム:
1. 数学イノベーションに関する取組の紹介
2. 数学と他分野・産業との協働による研究の紹介
  • 「高齢化と医師不足の社会における日本の臨床医療とそれを支える数理科学の役割」
    水藤 寛(岡山大学 大学院環境生命科学研究科 教授)
  • 「材料・生命・情報通信と応用トポロジー」
    平岡裕章(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)准教授)
  • 「数学が製造現場・研究現場を変える ?数学イノベーションの可能性」
    中川淳一(新日鐵住金(株)先端技術研究所 数理科学研究部 上席主幹研究員)

3. 今後の課題や必要な方策について
モデレーター:西浦廉政(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) 教授)

*****

科学技術政策研究所の報告書(2006)「忘れられた科学ー数学」から10年がたちました.文科省は数学イノベーションユニットを設け取組を行ってきました.諸課題を数学・数理科学を活用した新規なアプローチで解決に導き,新たな社会的価値や経済価値の創出につなげることを目指している.

今回の講演会では,数学と他分野・産業との協同研究の内容や成果の紹介3件が行われました.

参加者80名で盛況(片瀬・谷参加)でした.数学と社会あるいは種々の科学研究,産業企業との協同が進んでいます. 異分野は数理科学のニーズ,シーズの宝庫であり,協同連携に参加する数学人材育成が必要である.

*****以下感想*****

数学は細分化し高度な数学的知識は十分に蓄積されています.異分野(社会,医学,諸科学,産業など)連携の場を活発化し,異分野の中に数学が適用できるニーズや新しい数学を生むシーズを探すことが大事であると思います.昔は科学者自身が必要な数学も作り出す天才(ニュートンなどが例)の時代がありました.現在でも,異分野の研究者はそこで必要な数学を苦労しながら勉強し,研究を進めている状況があります.問題から数学的命題が見えない状況もあります.数学者側から積極的に異分野の課題を理解し,その数学的命題化に力を貸すことが必要です.複雑な現実の問題から数学の命題化を考えることが一番難しい所で,数学者はこの段階にも積極的に関与すべきです.(sgktani)


08:40 | コメント(0)
12
SGK通信 >> 記事詳細

2014/07/23

数学月間懇話会(10)

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
数学月間懇話会(第10回)
日時●7月22日,14:00-17:10

1.人口の集合関数としての「民力指数」

 松原望(東京大学名誉教授,聖学院大学)
 14:10-15:10
2.スパゲッテイを巡る旅,
 中西達夫(株・モーション)
 15:20-16:20
3.数学月間の狙と効用,今年の米国MAM
 片瀬豊,谷克彦(日本数学協会)
 16:30-17:10

ーーーー
会場●東京大学(駒場)数理科学研究科棟,002号室
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料
問合せ先●日本数学協会,数学月間の会(SGK)
sgktani@gmail.com,谷克彦(SGK世話人)
 直接会場においでください(開場13:30).ご参加お待ちしています.
17:30より構内で各自払いの懇親会も予定しています.

22:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)