「数学月間の会」へようこそ!
Welcome to Maths Awareness Month Organizing Committee of Japan !

The period of July 22nd to August 22nd was set as "Maths Awareness Month of Japan"
by the Mathematical Association of Japan
(MAJ) in 2005.
Maths Awareness Month of Japan is run on a voluntary basis.
"Journal of Mathematical Culture (JMC)" is the organ of MAJ and is published half-yearly.
These dates are derived from two mathematical constants:
Archimedes' constant pi(22/7=3.14) and Napier's constant / Euler's number e(22/8=2.7).
During this period we support various events for raising the awareness of maths
 throughout the country.
7月22日--8月22日は数学月間(since2005)
日本数学協会は,2005年に,7月22日ー8月22日を数学月間と定めました.
この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..) に因んでいます.
この期間に,数学への関心を高めるイベントが各地で開催されるよう応援しています.

数学と社会の架け橋=数学月間     Maths for all !
日本数学協会(MAJ), 数学月間の会(SGK)  
 

日誌

雑感1 >> 記事詳細

2014/03/29

映進のある模様

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
この歩道のタイルは軽快で開放的な印象です.縦方向に鎖が伸び,この方向に映進gが,水平には鏡映mがある.横(a)方向には色を変えながらの並進Pa' がある.軽快で開放的な感じはgとa' の効果でしょう[記号ではPa'2gm].もう一つの写真はM.C.Escherの1946年の作品”騎手”.縦方向の映進は色の交代と結合したg' です.今度は,2回軸もmもありません[記号ではPg'].私は,gやa',g' のある繰り返し模様が好きです.


09:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)