「数学月間の会」へようこそ!
Welcome to Maths Awareness Month Organizing Committee of Japan !

The period of July 22nd to August 22nd was set as "Maths Awareness Month of Japan"
by the Mathematical Association of Japan
(MAJ) in 2005.
Maths Awareness Month of Japan is run on a voluntary basis.
"Journal of Mathematical Culture (JMC)" is the organ of MAJ and is published half-yearly.
These dates are derived from two mathematical constants:
Archimedes' constant pi(22/7=3.14) and Napier's constant / Euler's number e(22/8=2.7).
During this period we support various events for raising the awareness of maths
 throughout the country.
7月22日--8月22日は数学月間(since2005)
日本数学協会は,2005年に,7月22日ー8月22日を数学月間と定めました.
この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..) に因んでいます.
この期間に,数学への関心を高めるイベントが各地で開催されるよう応援しています.

数学と社会の架け橋=数学月間     Maths for all !
日本数学協会(MAJ), 数学月間の会(SGK)  
 

日誌

数学月間SGK通信 >> 記事詳細

2014/10/27

039_空間のデジタル化.伝統模様

Tweet ThisSend to Facebook | by:kinat
◆平面のブラベー格子は5つのタイプがあります.
それぞれの繰り返し模様は,どの格子に対応しますか?

日本の伝統文様には美しい繰り返し模様がたくさんあります.
着物や食器,籠バック,インテリアなど色々な所で見られます.
どのような対称性があるか模様を鑑賞しましょう.

イメージ 1


イメージ 2 
イメージ 3

17:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)