「数学月間の会」へようこそ!
Welcome to Maths Awareness Month Organizing Committee of Japan !

The period of July 22nd to August 22nd was set as "Maths Awareness Month of Japan"
by the Mathematical Association of Japan
(MAJ) in 2005.
Maths Awareness Month of Japan is run on a voluntary basis.
"Journal of Mathematical Culture (JMC)" is the organ of MAJ and is published half-yearly.
These dates are derived from two mathematical constants:
Archimedes' constant pi(22/7=3.14) and Napier's constant / Euler's number e(22/8=2.7).
During this period we support various events for raising the awareness of maths
 throughout the country.
7月22日--8月22日は数学月間(since2005)
日本数学協会は,2005年に,7月22日ー8月22日を数学月間と定めました.
この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..) に因んでいます.
この期間に,数学への関心を高めるイベントが各地で開催されるよう応援しています.

数学と社会の架け橋=数学月間     Maths for all !
日本数学協会(MAJ), 数学月間の会(SGK)  
 

お知らせ

2016年度のお知らせ


◆数学月間連携イベント清水勇二教授(ICU)より連絡いただきました)
・三鷹ネットワーク大学 国際基督教大学寄付講座
題目:数学の夕べ 「関係性の数学 - カテゴリー(圏)論入門」
日時:7月22日(金)19:00?20:30  

https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/B1651000
場所:三鷹ネットワーク大学    (東京都三鷹市下連雀3−24−3 三鷹駅前協同ビル3階)

・ICUオープンキャンパスでのモデル授業
題目:シンメトリー ? 多項式で楽しむ
講師:清水勇二
日時:8月13日(土) 12:05?12:50 および 15:05?15:50
  (同じ講義を2回します。)

場所:国際基督教大学 理学館2F 220 教室
(東京都三鷹市大沢 3-10-2)


◆数学月間懇話会(第12回)のお知らせ
主催●日本数学協会,数学月間の会(SGK)
日時●7月22日,13:50-17:20

1.数学者って,どんな顔をしてる?
  亀井哲治郎・河野裕昭(亀書房・写真家)
2.世論調査は正しいか
  松原望(東京大学名誉教授,聖学院大学)
3.がん登録の可能性
  田渕 健(都立駒込病院・東京都がん登録室)

会場●東京大学(駒場)数理科学研究科棟002号室
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料

17:30より構内カフェテリアにて懇親会(各自払い)

問合せ先●数学月間の会(SGK)
sgktani@gmail.com,谷克彦(SGK世話人)
直接会場においでください(開場13:30) 

多くの皆さまのご参加をお待ちします.

始めの話題は,JIR(ジャーナリスト・イン・レジデンス)という活動の紹介です.

編集者の亀井さんは,写真家の河野さんと組んで,数学者へのインタビューと写真撮影を続けて,

すでに150人を超える人たちを取材しました.
次の2つの話題は統計です.
世の中は不確かなものやことばかりで確率で記述されます.確率の正しい理解が必要です.

従来,得られなかったようなデータも多量に収集できる時代になりました.

でも,データ収集が恣意的であったり,不合理な解析をしたりするとどんな結論でも導くことができるので,

だまされないように要注意です.ランダムなサンプリングといえるかサンプル数はどうか疑問があります.


**************
◆講演会のお知らせ
5月22日に,日本数学協会のシンポジウムがあります.

こちらの方は,協会員は無料ですが一般の方は若干の参加費がかかります.
場所:大東文化会館ホール(東武練馬駅より徒歩)
13:30?14:30 岡本龍明(NTT),最近の暗号理論がめざしていること
14:50?15:50 加藤文元(東工大), 昔のガロア理論は何をめざしていたのか?

*****************

過去の記録

◆日本フィボナッチ協会/第13回研究集会

2015.8.21,12:30?17:40
東京理科大学(神楽坂校舎)2号館4F 241・242教室
参加費1000円(中学生・高校生は無料)

細矢治夫さんの「七金三パズル」の発表もあります.

-------------------------
◆数学月間懇話会(第11回)の詳細進行表(update07.15)
日時●7月22日,13:50-17:20
13:30 開場
13:50-14:00 開会
1.十年目の「数学月間」
14:00-14:20 片瀬豊,Q&A 14:20-14:25
14:25-14:45 フランスの数学週間,高窪正明,Q&A 14:45-14:50
14:50-15:00 休憩
2.「サッカーボールの対称性を解くTopological Symmetry」
15:00-15:50 細矢治夫(お茶の水女子大名誉教授),Q&A 15:50-16:00
16:00-16:10 休息
3.繰り返し模様の観賞法
16:10-16:40 谷克彦,Q&A 16:40-16:50
4.テーラー展開の話
16:50-17:10 鈴木啓一,Q&A 17:10-17:20
17:30 退場
17:30から構内(イタリアントマト)で懇親会(各自めいめい払い)

-------------------------------------------------------------------------
数学月間懇話会(第11回)のお知らせ
主催●日本数学協会,数学月間の会(SGK)
日時●7月22日,13:50-17:20
1.十年目の「数学月間」
 片瀬豊,高窪正明(SGK)
2.「サッカーボールの対称性を解くTopological Symmetry」
 細矢治夫(お茶の水女子大名誉教授)
3.繰り返し模様の観賞法
 谷克彦(SGK)
4.テーラー展開の話
 鈴木啓一(SGK)
ーーーー
会場●東京大学(駒場)数理科学研究科棟002号室
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料
問合せ先●数学月間の会(SGK)
sgktani@gmail.com,谷克彦(SGK世話人)
直接会場においでください(開場13:30)

***********************

◆facebook数学月間の会 開設お知らせ
私たちは,facebookのコミュニティにも「数学月間の会」を開設しています.
コミュニティはfacebookに登録をしなくてもどなたでも見ることができます.
そちらでは色々な分野の面白いものを(短い記事ですが)取り上げています.
ご訪問ください.https://www.facebook.com/sgk2014
もし,facebookに登録してあれば,いいねを押すとここに投稿できるようになりますから
交流の場としてご利用ください.

******************************

◆「数学月間」の栞,      SGK  片瀬  豊

日本の数学月間は2015H27で10年目を迎えます。更なる継続・蓄積・発展を願いたいものです。

数学月間の基本的な筋道は「数学と社会の架け橋」で両者の交流を密にして相互の発展を期待したいところです。

学習意欲減退が懸念された数学教育の現場で、挽回の出前授業のアンケートに興味・関心のキーワードが

「日常生活に役立つ数学」であった点に嘱目したい。数学月間(7/228/22)のイベントをどしどし発案して参画頂きたい。

そのTPOを数学月間の会/SGK:谷 克彦 sgktani@gmail.comにご連絡下さい。

個々の大学、研究所、グループ等で登場して来たイベントの品質機能を層別して見易くした。

新しく発案する、或いは評価する目安としてご覧頂きたい。 

 ●  心意気   A 数学は万学に通じる

             B 社会は数学を待っている

          C  数学教育の再生強化

          D 数学と社会の相互交流

 ●  姿。形  α 数学手法を諸科学が活用する(横幹連合)

         β 数学と企業の連携したい問題を提言する(九大/文科省)

         γ 数学を社会各方面に教える(日本数学協会)

         δ 数学者が社会の問題に立ち向かって見せる(米国MAM

 ●  対象者  1 小中学生・先生 - - - 鳥取大、リスーピア

         2 高校生・先生 - - - - 阪大、数学学習の栞

         3 大学生・先生 - - - - 上智大、米国MAM

                   4 社会人・企業人 - - - 東大駒場、お茶大、米国MAM

 ●  着眼点 

a 数学の学習意欲、基礎的数学力を向上させる数学教育方式を編み出して欲しい。

  日常生活に役立つネット教材の普及が望まれる。

b 数学のエリ?トを育成する。地域永続型の数学サ?クルを支援して充実させる事

  が数学の発展に繋がり易い。

c 数学の先端にあると同時に応用的にも広く関心を持たれそうなトッピクを選んで

  啓蒙活動をする。数学志望者の増大が期待される。

d 数学の社会的需要を開発する。数学を活用するテ?マを発掘して研究者の注目を

  集め、その所在を明示して社会の発展に結び付けて行く。

 

 米国では社会の各階層にモニターが居て、毎年の行事を批評する意見が多く集まって次の改善に資する様になっている。

日本でも評価やご意見をお寄せ頂きたい。

 

お知らせ

★SGK通信へご意見ご希望をお寄せください.
★協力者を募集しています.SGK通信,MAMやMMPなどの翻訳や紹介記事にご協力ください.
   みんなの広場に掲示板があります.
☆数学月間の連携行事を募集しています.イベント情報をお知らせください.
☆数学月間懇話会は,毎年,7月22日に開催しています.詳細はここに掲示します.

連絡先(mail to) :  sgktani@gmail.com              
片瀬 豊(SGK代表)  谷 克彦(SGK世話人) 

Katsuhiko Tani, Steering Committee Member of MAJ 

    
 

新着情報

 
SGK通信(2016-03)高校生の数学意識日誌
パブリックスペース
kinat05/14 05:32
投稿論説・数学教育数学月間日誌
パブリックスペース
kinat05/10 23:42
数学月間懇話会(第12回)のお知らせ日誌
パブリックスペース
kinat05/10 19:58
とっとりサイエンスワールド2015日誌
パブリックスペース
kinat08/11 06:50
講演会お知らせ日誌
パブリックスペース
kinat05/30 22:54
数学月間とボランティア日誌
パブリックスペース
kinat05/30 22:53
イベント情報日誌
パブリックスペース
kinat05/27 07:24
数学と社会日誌
パブリックスペース
kinat05/22 13:33
書評:美しい幾何学(丸善)日誌
パブリックスペース
kinat04/23 21:29
講演会:数学は世界を変えられるか?の参加報告日誌
パブリックスペース
kinat04/19 08:40
講演会情報日誌
パブリックスペース
kinat04/01 07:15
講演会情報日誌
パブリックスペース
kinat04/01 07:07
2015年米国MAMテーマ日誌
パブリックスペース
kinat01/17 15:19
040_円による反転鏡映日誌
パブリックスペース
kinat11/23 17:33
037_因果律ピエール・キューリーの原理日誌
パブリックスペース
kinat10/28 17:19
037_結晶世界はデジタル日誌
パブリックスペース
kinat10/28 17:16
039_空間のデジタル化.伝統模様日誌
パブリックスペース
kinat10/27 17:31
036_空間のデジタル化日誌
パブリックスペース
kinat10/27 16:50
038_対称性の話2日誌
パブリックスペース
kinat10/23 17:28
038_対称性の話1日誌
パブリックスペース
kinat10/23 17:22